ピラニアのソナタ シングーロンベウス ロン様編

飼育日記

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PH

Category: PH  
P9181136_convert_20110918153109.jpg

メダカを100匹入れて1週間。まだまだメダカは残ってます。
食が細いですが調子は悪く見えないロン様。ダバコロングサイズです。

本日の表題はPH。
パワーハウスではなくてペーハーのほうです。

PHに関心の無い方や私のPHの考えに興味が無い方は読んでもすごーくつまらないです。(笑)
もしPHショックとは何なのか?を1つの意見として読みたい方がいらっしゃったらお読み下さい。

(PHショック)ごく短時間にPHが1.5~2以上急激に変化した場合にPHショックが発生すると考えています。あくまでも急激な変化であり1日とか2日とかの長い時間ではなく1時間とかの短時間でPHが動いた場合において発生すると思います。

(魚の状態は?)PHショックで一番やばいのは浮き袋のPHショックだと思います。魚の浮き袋はエラから水中の酸素分子などを血液とガス交換して血液中に取り入れたガスを浮き袋内の分泌線で再度ガス化して膨らませたりしています。PHが大きく変動すると水中の酸素や他のガスのイオン濃度を変化させエラからの取り込み異常を起します。その結果、大抵は血液内の酸素等の分子構成が変化してしまい浮き袋が膨らんでしまいます。もしくは浮き袋がしぼむ逆パターンもあります。最初のパターンなら浮き上がって沈めなくなりますし逆パターンだと沈んで動けなくなります。もしくは浮き袋の調整が上手く出来なくなり異常旋回や異常回転をしたりします。ピラニアは異常旋回、異常回転か底に沈むケースが多く浮き上がって沈めないケースはほとんど無いと思います。

(魚の状態は? ケース2)魚の粘液が荒れるケースです。ピラニアは浸透圧調整の為に体から粘液を分泌して体を覆っています。PHが大幅に変わると今までのPHに適合していた粘液が変動したPHの水とイオン交換されはがれてしまいます。するとはがれた部分に水分が浸入し組織を破壊します。一番粘液の組織が破壊されやすいのが各ヒレです。ひれが溶けたように壊死して行きます。

(対処)PHショックを与えた場合は対処がありません。待つだけです。PHを戻すと戻すときにまたPHショックを与えてしまいます。

(対策)ゆっくりならPHの変動に強いピラニア。特にPHが下がる酸性水への耐性はかなり強いです。問題は水換えです。ピラニア飼育の場合は餌等の問題と糞が多いという問題で水が酸性になりやすいです。水道の水のPHと水槽のPHが2以上違うケースも出てきやすいと思います。丈夫なピラニアとはいえPHが2違うとかなりこたえるようです。最悪は転覆病のように異常旋回が始まり死亡します。水換えの量を少量にするとかもしくは大きくPHに変動が無いように水を頻繁に換える等で対策したいところです。

いや~ つならないPH話ですいませんでした。

ロン様 飼育でPHショックが無いように頑張ります!!!


スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


プロフィール

セラチゲ

Author:セラチゲ
少し大きいかな~と思う水槽に小さなピラニアを飼育するのが大好きです。頑張って行きま~す!!

カウンター1
オンライン
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。