ピラニアのソナタ シングーロンベウス ロン様編

飼育日記

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オールウエット

Category: GY  
P9281046_convert_20110928170448.jpg

ロン様の弟。 名前は「きいろ君」。

今年の4月に4センチでロン様の家族となりました。

紆余曲折の水槽引越しを経験して今は105-50-52というサイズの水槽にいます。
この水槽はアクリルで底面黒で作成。まっかちんでオーダーしました。上部の濾過機も同じくオリジナルで作成しまして上に見える上部濾過機はアクリル製です。この上部濾過機にはポンプ室はありません。水の汲み上げはエーハイム2075で汲み上げてます。2075にはPHのベーシックソフトSを5L使用しています。エーハイムのカタログ上は6Lのろ材が入る記載になっていますが2075はどうやっても5Lしか入れられません。6Lろ材を買うと余ると思います。画像はこちら。P9281052_convert_20110928171717.jpg

このエーハイム2075は1時間1000Lのカタログ循環値ですが汲み上げる高さがこの水槽ほどあると少し弱くなります。従いまして水中ポンプで上部濾過機に水を汲み上げ追加しています。その画像がこちら。

P9281047_convert_20110928172031.jpg

一番奥のポンプがマキシジェットという水陸両用ポンプで1時間750Lのパワーです。この水中ポンプはエーハイムホースの12/16がピッタリ合うのでエーハイムの配管パーツを利用出来ます。ポンプ自体は無音に近く機能はかなり優秀です。なにより非常に小さく邪魔になりません。
汲み上げている水中ポンプの隣はパワーヘッドで600Lのパワーがあります。一応、水流を少々付けています。さらにその手前にはマキシジェットのMJ250という弱い水陸両用ポンプを付けています。このポンプは余っていたので付けました。ピゴはポンプ無しでもOKかも?と思いましたがポンプを付けると糞が一箇所に集まるので便利です。弱い水流をピゴも付けた方が掃除がしやすいです。

P9281051_convert_20110928174004.jpg

ポンプ室が無しなので2075からダイレクトに濾過槽へ。ここにはPHのベーシックMサイズを5L。さらにスドーのハードマットで軽く物理ろ過。気が向いたらウールを入れたりという感じです。

P9281053_convert_20110928174315.jpg

ここは上部濾過槽の真ん中です。ここはドライにも出来ます。最初はドライで回していましたが冬はウエットにして回すつもりです。今はウエットです。夏は水温対策とエア対策でドライにします。この部分には10~13L程ろ材が入れられます。今は寄せ集めのリング状ろ材を5L。その上にシポラックスミニを4袋で2L。ゼオライトとセラミックが混ぜられたゼオセラというコンペイトウの様なろ材を2L。合計9L入れてます。

P9281054_convert_20110928174811.jpg

ここは上部濾過機の最終層です。今は小型の殺菌等を入れています。アズーのUVステライザーという商品で小さいです。機能は良いと思います。小型で便利です。この水槽の水量は250L程度ですが効果は充分。水が非常に綺麗です。 殺菌灯の横に見える袋はブラックホールという活性炭です。活性炭は立ち上げの時に良く使いますがこの活性炭は3ヶ月位の期間効いているようです。

P9281050_convert_20110928175441.jpg

きいろ君の主食はキョーリンのビックキャットです。1回に4個食べます。たまにクリル、キビナゴ、ワカサギ、ドジョウ、小赤を食べています。4センチでしたが大きくなりました。色は底面の影響を受けて少し濃い色になってます。パンタナルのGYなので基本的にはブラックウォーターに居る訳ですが体色は変化があまり無い方のピゴなのでこのままこの色であればOKです。現在の水温は27度。PH7,5です。これからの季節は水温が下がりますがきいろ君水槽の水温は22度管理する予定です。水温を下げると背骨に沿ってぶ厚く育つと思います。

P9281048_convert_20110928180048.jpg

水槽育ちなので優しい顔なきいろ君のあれこれでした。
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


プレコ帰還

Category: プレコ  
P9271046_convert_20110927142618.jpg

濾過槽に逃走していたセルフィンが帰還しました。
ロン様はここ最近、ビビリまくっているのでセルフィンにちょっかい出す余裕も無いようです。(笑)

このサイズの小さなセルフィンは水槽面のコケ等を食ってくれます。有りがたい!水槽面のコケを新品の様に綺麗に喰うのはオトシンだと思います。以前30匹位を120-60-60に入れた際には細かい隅々まで綺麗にコケを食いまくりました。その時のピラニアはトカンチンスロンベの30センチだったのでオトシンは喰いませんでした。1匹100円程度ならまたオトシンを入れたいと思いますがロン様サイズだとオトシンは喰いますのでこの水槽には入れられないと思います。
ちなみにオトシンのトゲやプレコのトゲは問題なくピラニアは消化します。恐らく子犬程度の胃壁の厚みがあり消化に問題をきたす食い物は無いんだと思います。ただし毒を持つ生き物はダメらしいです。まっかちんの店長がフグをロンベウスに食わせたら即死したと言ってました。。。

P9271047_convert_20110927143426.jpg

こちらはスネているセルフィン20センチちょい。コケも食わなければ残飯も食わずただただここでじっとしてます。役立たずと呼んではいけません。(笑)
はっきり言ってPHを落とす役割しかこのプレコには今はありません。困ったもんです。


テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


遊び喰い

Category: シングー  
P9261144_convert_20110926194632.jpg

LEDを点灯すると右端の隅奥に陣取るロン様。
ビビリまくってます。

この水槽に全然慣れません。

それでもメダカはあと10匹になったので小赤を49匹入れました。
小赤は残します。頭だったり体の一部だったり。
明らかに殺戮だけして放置されている小赤も多数。これはダメでした。小赤はもうしばらく入れません。

P9261142_convert_20110926195254.jpg

生餌かクリルか。もしくはキャットとか。
中間捕食者のピラには人工物が良いと思います。まあ色々織り交ぜてですね。
人工物が良いと思うのは野菜系が餌の中に織り交ぜられているからです。現地ではカエルとか草食系の魚とかも喰うと思うんですがそういう餌を喰うと間接的にはカエルの食っていた虫とか草食魚の喰った草とかを喰った餌経由でピラニアが食べる訳です。その流れは大事だと思います。出来れば生餌を入れたなら生餌にプレコフードとかの草食系の餌をたらふく食わせてそれをピラニアが喰ってくれたら良いと思います。クリルに関しては微妙ですがクリルばかりで育ったナッテリーも生餌のナッテリーもそう変わりない成長です。問題が出る事は無いような気がします。そもそも終生クリルだけでピラニアを育てた事が無いので結果がどうなるか全然わかりません。色々食べさせて・・・と本とかには記載されてますが終生クリルを食わせたピラニアを見てみない事には結論が出ない問題だと思います。結論が出て無いのに人工物は悪いも良いもわからないという感じじゃ無いでしょうか?クジラのように単一食でも何とかなるような気がします。ただしロンベウスは15センチを超えるとあまり人工を喰わなくなるので逆に人工を食わせるのが難しいです。


テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ラメ

Category: シングー  
P9241140_convert_20110924105414.jpg

この写真もボケてますが下段水槽の写真は本当に撮影しずらいです。
なかなか上手に撮れません。

上の画像はフラッシュ無し。
下の画像はフラッシュ有り。

P9241139_convert_20110924105724.jpg

ネットの画像でこの上下の画像の販売を別々にしていたらまるで別の魚のように見えます。
実物は上の写真に近いですが魚体はもう少し暗い色に見えます。

ラメが銀色に輝くとダイヤと呼ばれる訳ですがここが微妙な出方をされるとダイヤなのか?ロンベウスなのか?という事になってしまうセラがいます。私はどちらの種類だとしても出たほうが見栄えが良いので出てる個体の方が好きです。ダイヤで顔の幅が出るダイヤはロンベウス並みの迫力とダイヤのラメが楽しめる訳なので一挙両得でお徳?な種類です。

ラメがどうしたら沢山出るのかはナッテやピラヤを赤くするのと同じようにテクニックがありそうです。私は「これだ!」というテクはあまり知りません。底面を光らせるとラメが出やすいとは聞きますますがどうなんでしょうか?ロン様の水槽は底面黒ですがラメは出てきています。この調子なら大丈夫だと思うのでこのままラメを沢山出して欲しいです。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


LED

Category: 照明  
P9231138_convert_20110923174751.jpg

ロン様水槽の照明は現在LED照明です。
水槽のうち魚が泳げる部分のサイズは120-50-46ですので水槽の上に照明を設置する場合は120センチ水槽用の照明を乗せるとか水槽のガラス蓋の上の照明器具を乗せるとかになると思います。照明を時間で管理したり昼夜に合わせる管理は全然していませんが気が向いたときに照明を点灯しています。

普通120センチ水槽のサイズの照明を蛍光灯で設置すると最低でも50W以上消費すると思います。水草に対応した照度の明るいものだと100W以上消費する事もあるはずです。上の画像の薄い板みたいに見えるのがロン様水槽に使用している照明ですがこれはテトラのLEDライト90という商品です。   テトラLED90

消費電量は24Wだそうです。この照明は90サイズ用ですが何と照明本体の横のバーが伸び縮みしまして90センチ水槽サイズから120センチ水槽サイズまで自由に長さを変えられます。ロン様水槽は120センチなのでいっぱいに伸ばして使用してます。右側は水槽の上に引っ掛けていますが左側はウールBOXに引っ掛けていますので照明が少しナナメになっています。消費電力は24Wですがこの照明はかなり明るいです。私の場合、水槽内をかなり明るくするのが好みなのですが充分に明るいと思います。

P9231137_convert_20110923181030.jpg

上画像くらい明るければ私的には充分満足です。
この画像、首都高横羽線の川崎近辺の工場の煙突みたいじゃ無いですか?この感じ、妙に好きです。
ただしこの照明は照度を調整出来ないので暗い感じが好きな場合はダメだと思います。

P9231136_convert_20110923181659.jpg

で、肝心のロン様は今日はこんな感じです。
こんな状態になるという事は水槽に全然なじんでないという事だと思います。下段の水槽の場合はなじみが悪い感じがします。餌のメダカもまだ残りがいます。良い環境だとは思うんですがね~。(笑)

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


無題

Category: ナナイ  
ロン様の家族たちを紹介します。

ロン様 兄の動画です。(笑)



ロン様の兄は軟水が好きです。
好きなのは好きで良いのですが軟水は管理も作成も面倒です。

そこで、お兄様にはお断りして軟水を本日から中止させて頂きました。
日本の水道水で我慢してもらいます。さらに今日からはミネラルを入れる量を月1回から毎日に変更させて頂きました。ミネラルがどうしても御気に召さないようならまたミネラルも中止します。

ここもあれもこれもな水槽です。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


セルフィン

Category: プレコ  
P9211145_convert_20110921175353.jpg

1993年アクアマガジン18号を札幌で購入しました。琴似駅の下の本屋だと思います。
その当時はナッテリーだけの5匹混泳を120-45-45でしてました。

そのアクアマガジンのP24にシングーのロンベウスが掲載されてますが私はその時に目が赤くて銀色のロンベウスの大型サイズをはじめて見ました。

そのシングーロンベウスが10センチとはいえ我が家で飼育出来る喜びは何者にも換えがたいです。

P9211149_convert_20110921180331.jpg

明るく撮影するとラメラメが見えやすいと思います。
まるでダイヤ系のようにラメが出始めました。ペルーのダイヤ系やトカンチンスロンベウスに負けないようなラメが出てくれると素晴らしいです。
ずいぶん前にメダカを100匹入れましたがまだ20匹位は残っています。非常にスローな食べ方だと思います。本当はもう少しガツガツ食べて欲しいと思いますがブラックの幼魚は拒食になりやすいので食べてくれているなら良しとします。出来れば細長~く20センチになってそれから体高が出て欲しいところです。細長いのが好きなんです。(笑)

P9211141_convert_20110921181110.jpg

魚を大きく育てたい時に必ず入れるセットとして流木とプレコを良く組み合わせます。プレコは木や植物からタンパク質を体内で合成出来ます。胃や腸の中で微生物等の力を借りて合成するんだと思いますがそのプレコのする糞に何か意味が有りそうと勝手に予想しています。これには全然根拠はありませんがプレコの居る水槽の水はほんの少し違って見えます。何が違うのかはわかりません。(笑)
で、上画像のようにプレコを入れました。セルフィンの10センチです。入れたその日にこの水槽の左側の第2層側に逃げました・・・。たまに戻って来ますがロン様に追いかけられるとまた濾過槽側に逃げます。いまは濾過槽側のエアレしている水流の強いところで張り付いてます。流木をかじってくれません。仕方ないので画像には今度出しますが20センチのセルフィンを他の水槽から移動しました。ところがこの20センチのセルフィンも流木もかじらなければコケも食いません。こういうのを役立たずと言ってはいけません。(笑)

P9211139_convert_20110921182629.jpg

どう育てるか考えるのも楽しいですしまた、どう大きくなるか想像するのも楽しいです。
水流や水質等で色々考えて工夫して行きたいと思います。当面は頭を大きく育てるがテーマなので私の水槽データと飼育方法で頭が大きくならなければ同じことしなければ大きくなるかもしれませんからデータとしても価値があれば良いと思います。


テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ブラザー

Category: GY  
ロン様はフィルターから活性炭が飛び散っても怒りません。
とてもおおらかな性格です。

ロン様はよくピラニアは皆、「私の家族」だと仰っています。
で、今回は自分の家族も紹介したいとのご希望につきロン様の弟を紹介します。

P9171133_convert_20110920165429.jpg

謙虚な弟で恥ずかしがって隠れてしまいました。
動画でなら顔を見せても良いそうなので動画にてご紹介します。



「いつもお世話になっております」と申しています。(笑)
今後ともお見知りおき御願い致します。





テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


PH システムフィルター 1A

Category: 投げ込み  
P9191136_convert_20110919123821.jpg

投げ込みのエアリフト式のフィルターを追加しました。

追加したのはPHのシステムフィルター1Aという商品です。
追加した目的は水槽の右側の水面が揺れないので投げ込み式のフィルターの泡で水面を揺らそうと思った事とこのフィルターの中に活性炭を入れようと思い購入しました。

で、活性炭を購入しようと市ヶ谷フィッシュセンターに行きましたが目的の活性炭がありませんでした。欲しかった活性炭はこちら。
セラ アクティブフィルターカーボン
以前1度行った時にはあったので市ヶ谷フィッシュセンターにあると思ったんですが無かったです。この活性炭は粒が適度で非常に使いやすいです。能力も高い活性炭なのでいつも活性炭はこれを使っています。
この活性炭の粒の大きさならPHの今回購入したフィルターの中に入れて機能する予定でしたが無かったので仕方なくブラックホールという通常は袋に入っている細かい活性炭を使いました。あまりにも粒が細かい活性炭なのでPHのフィルターの底にウールをひいて活性炭が飛び出ないように工夫しました。

ところが・・・・・・

飛び出しまくりました~!!

水槽の底に細かい黒い粒々が見えると思います。これは全部飛び出した活性炭です。。。
がっくり。

あきらめて活性炭を一回出してPHのソフトを入れときました。

いつも使う活性炭が手に入ったら入れ替える予定です。

ちなみに活性炭を使う理由はPHが下がりすぎるからです。
この水槽は100%ウエットなので非常にPH落下が早いです。少しでも汚れを吸着しようと思い活性炭を入れる事にしました。しかし今回は大失敗でした。またがんばります。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


PH

Category: PH  
P9181136_convert_20110918153109.jpg

メダカを100匹入れて1週間。まだまだメダカは残ってます。
食が細いですが調子は悪く見えないロン様。ダバコロングサイズです。

本日の表題はPH。
パワーハウスではなくてペーハーのほうです。

PHに関心の無い方や私のPHの考えに興味が無い方は読んでもすごーくつまらないです。(笑)
もしPHショックとは何なのか?を1つの意見として読みたい方がいらっしゃったらお読み下さい。

(PHショック)ごく短時間にPHが1.5~2以上急激に変化した場合にPHショックが発生すると考えています。あくまでも急激な変化であり1日とか2日とかの長い時間ではなく1時間とかの短時間でPHが動いた場合において発生すると思います。

(魚の状態は?)PHショックで一番やばいのは浮き袋のPHショックだと思います。魚の浮き袋はエラから水中の酸素分子などを血液とガス交換して血液中に取り入れたガスを浮き袋内の分泌線で再度ガス化して膨らませたりしています。PHが大きく変動すると水中の酸素や他のガスのイオン濃度を変化させエラからの取り込み異常を起します。その結果、大抵は血液内の酸素等の分子構成が変化してしまい浮き袋が膨らんでしまいます。もしくは浮き袋がしぼむ逆パターンもあります。最初のパターンなら浮き上がって沈めなくなりますし逆パターンだと沈んで動けなくなります。もしくは浮き袋の調整が上手く出来なくなり異常旋回や異常回転をしたりします。ピラニアは異常旋回、異常回転か底に沈むケースが多く浮き上がって沈めないケースはほとんど無いと思います。

(魚の状態は? ケース2)魚の粘液が荒れるケースです。ピラニアは浸透圧調整の為に体から粘液を分泌して体を覆っています。PHが大幅に変わると今までのPHに適合していた粘液が変動したPHの水とイオン交換されはがれてしまいます。するとはがれた部分に水分が浸入し組織を破壊します。一番粘液の組織が破壊されやすいのが各ヒレです。ひれが溶けたように壊死して行きます。

(対処)PHショックを与えた場合は対処がありません。待つだけです。PHを戻すと戻すときにまたPHショックを与えてしまいます。

(対策)ゆっくりならPHの変動に強いピラニア。特にPHが下がる酸性水への耐性はかなり強いです。問題は水換えです。ピラニア飼育の場合は餌等の問題と糞が多いという問題で水が酸性になりやすいです。水道の水のPHと水槽のPHが2以上違うケースも出てきやすいと思います。丈夫なピラニアとはいえPHが2違うとかなりこたえるようです。最悪は転覆病のように異常旋回が始まり死亡します。水換えの量を少量にするとかもしくは大きくPHに変動が無いように水を頻繁に換える等で対策したいところです。

いや~ つならないPH話ですいませんでした。

ロン様 飼育でPHショックが無いように頑張ります!!!


テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ミネラル

Category: ミネラル  
P9171139_convert_20110917182622.jpg

マイルドセブン6ミリ ロングサイズはちょうど10センチです。
多分実際はもう少し魚体は大きいと思いますがどちらにしてもまだまだ幼魚です。

9月15日にアップしたブラックWのリンク先のFLEXの記事を読むとアマゾンはミネラル、いわゆる硬度がある程度ある水質だと読めます。ブラックW
これを読んだからという訳では無いのですが水換えに使用している水が硬度を落とした水を使用している関係でたまにミネラルを添加する事があります。ミネラルの添加を何で行うかは色々試しました。麦飯石溶液を含め現在は多種多様なミネラル添加剤が販売されています。高いのも買いましたが結局どれを買っても水換えの頻度があまりにも多いのですぐに無くなってしまいます。そこで最近は自分でミネラル添加剤を作っています。

使用しているミネラルはこちらの画像↓
P9171137_convert_20110917183659.jpg

上画像の商品紹介元はこちら ↓ 
ミネラサプリ

色々使用してこのミネラルを最初は水槽に直接入れていました。ところがこの粉は時間がたてば完全に溶けますが溶けるのに半年位かかるので水槽に中の底に粉が飛散して汚く見えます。そこでこの粉を2Lの麦茶とかを作るものに入れて溶かしています。その画像がこちら ↓
P9171138_convert_20110917184428.jpg
上の容器2Lに対していつも付属のスプーンで10杯入れてブンブン振ると少し溶けます。半日たつとかなりクリアーになるので冷蔵庫を開けるたびにブンブン振っています。
さらにこのミネラル水の中に岩塩も入れています。使用している岩塩はこちら。
ヒマラヤ岩塩
ここの岩塩の細かいやつを2Lに対して大きいスプーンで4~5杯(適当)に入れています。
先ほどのミネラルと岩塩で作ったこのオリジナル?ミネラル水をロン様水槽には1週間に1回~2回程度180ミリのコップに1杯入れています。

結果は良いと思います。このミネラルを入れると非常に水がクリアーです。魚も調子が良いです。年中入れるのもなんだと思いますがコスト的には安いです。自分で粉を溶かしているのではじめて液体添加剤の中身を確認した上で入れる事が出来ています。既製品は中身が不安になる場合もあるので私はこの粉を溶かして作る方法を継続するつもりです。他にもオリジナルで色々混ぜたりして楽しいです。(笑)

P9171140_convert_20110917185907.jpg

このタバコの箱を2つ並べると20センチです。
まだまだ先が長くて楽しいです!頑張ります。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


殺菌灯

Category: 殺菌灯  
P9151126_convert_20110915194141.jpg

ロン様水槽の横の緑色っぽいフィルターケースは殺菌灯型外部フィルターです。
名前はテトラ UV-13AX です。
殺菌灯の電源を入れなければ真っ黒ですが灯りが付くと緑色に点灯します。
この殺菌灯の灯りは部屋を暗くするとかなり明るくてあまりにも明るいので紙でカバーして使用しています。

詳しい商品はこちら↓

テトラ 殺菌灯 

この殺菌灯は外部フィルターの形式をとっていましてろ材が約1リットル強入れられます。私の場合は物理系のウレタンスポンジろ材を入れています。このUV13AX、殺菌の機能に関しては充分な力です。恐らく400L以上まで大丈夫だと思います。この殺菌灯をロン様水槽では立ち上げから使用しています。水を既存稼動中水槽から100%移したので立ち上げから稼動させても問題はありませんでした。新水の場合は1週間後くらいから稼動させた方が良い様な感じですが私なら最初から動かします。(笑)

P9151127_convert_20110915195041.jpg

この殺菌灯のホースは12/16です。エーハイムホースももちろん使えますしこのサイズのホースはかなりのメーカーで共通です。
外部型のフイルターではありますがエーハイムのようにフィルター本体にポンプ機能はありません。付属の水中ポンプでフィルターに水を送りフィルターに圧がかかった上で水槽に排水するものです。付属のポンプは1時間600Lくらいのポンプでしたが少し弱いので1000Lの水中ポンプに変えました。水中ポンプはマキシジェットの水陸両用のやつの一番強いもの(MJ1000)にしました。この水中ポンプは出水口が12/16にぴったりです。
詳しくはこちら↓

MJ1000

この水陸両用ポンプは小型で良いです。音も静か。しかも壊れる雰囲気すら無い安定感で実働します。凄いポンプです。

P9151131_convert_20110915202646.jpg

赤い字の見えるグレーのポンプがMJ1000です。このサイズで1時間1000Lです。優秀。
このポンプは付属のポンプより1時間あたり400L強いですが今のところ問題はありません。外部式のフィルターに水中ポンプから圧をかけるのはエーハイムであればご法度ですがテトラとGEXは圧をかける方法で商品化しています。構造的にはパッキンの方法がかなり念入りで水漏れの事故は発生しないと思います。そういう意味ではテトラの殺菌灯は全商品水漏れをする雰囲気すら有りません。これはこれで凄いです。カミハタも勉強する価値があると思います。
P9151128_convert_20110915203723.jpg

殺菌灯通過後の水は普通にパイプで水槽に戻しています。

P9151129_convert_20110915203154.jpg

フラッシュにあたりいつもの位置で待機されていらっしゃるロン様です。
殺菌灯まで配備させていただきましたので気兼ねなく大きくなって下さい!(笑)


テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ブラックW

Category:  


ブラックW


上をクリックすると麦飯石溶液で有名なFLEXのアマゾンの水の説明のページが出ると思います。
このページの記載はかなり前からあって自分もフムフムと思っていたページです。

何となく思い出したので。。。

画像なしですいません。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


メインポンプ P425

Category: 循環ポンプ  
P9141124_convert_20110914203458.jpg

上から覗き込むと大体ここに後ろ向きでいます。
気分が良いと前に出ていらっしゃるロン様、マイルドセブン6ミリロング程度です。

この水槽は濾過槽を改造して水槽としています。
理由は、アングルの下段にRFGやRF等のレイシー上部濾過機を使用するにはアングルの高さをかなり高くしないと濾過槽整備に問題が有る事から上部ろ過以外でろ材を30L使う為にはどうしたら良いかを考えてこの形態にした訳です。
で、左端の濾過槽部分に水を移動させているポンプはレイシーP425です。

ポンプの具体的写真はチャームさんのが見やすいのでこちら(本当にチャームさんの商品紹介は見やすいです。別に他意は無いですよ!)
レイシーの縦型ポンプは初期に凄く流量が多くてカタログ以上の力があると思います。半年位から徐々にパワーダウンしてきます。導入時の80%位のパワーに落ちると思います。このP425は1時間1,600Lの流量ですのでこの水槽が約300Lなので水槽の水を5周位周回させている計算になります。基本は3周だと思うのでかなり回している計算です。ポンプのパワーダウン待ちといったところです。

P9141121_convert_20110914213640.jpg

上の画像の通りP425はアクリル水槽のフランジに直接付属のクランプで取り付けています。ところが付属のクランプだけで付くかと思うと1つ問題があって付きません。それはクランプのネジの長さがアクリル水槽のフランジを挟むと足りなくなる事です。枠つきのガラス水槽であればネジの長さが足りなくなる事はありませんがアクリル水槽の場合はほとんど足りなくなりつけられません。そこでこれを使います。

ロングビス

上記はアクリル水槽ショップのTOHOさんのレイシーポンプ用のロングビスです。これがあれば付属のクランプでアクリル水槽のフランジにレイシー縦型ポンプがつけられます。

P9141122_convert_20110914214343.jpg

P425に合うホースは内径19のホースです。レイシーにもありますしエーハイムにもあります。私はたまたま家にあった耐圧ホースの透明なやつを使用しています。この内径19に合うエンビ管は16Aです。16Aは19のホースと覚えてください。(覚える事は無いですね(笑))

P9141123_convert_20110914214734.jpg

最後はフルドライのウールBOXに入れてます。ウールBOX内はエンビ管でシャワーパイプをまっかちんの店長に作成いただきました。というかこの水槽全体をかなり迷惑をかけながらまっかちんの店長に構想いただきました。感謝感謝です。
画像では見えずらいですがウールBOX内のパンチ版の下にスドーのハードマットをひいています。理由は上の白いウールマットとこのハードマットが接触すると白いウールが引っ付いて交換しずらいのでハードマットを一番下にしました。このドライウールBOXから濾過槽部分へは40Aで出しています。

P9141125_convert_20110914215232.jpg

ロン様のサイズには贅沢な環境かもしれませんがそこがまた楽しい訳です。欲をいえば水深を46ではなくてもっと深くしたいところですが、それは不可能ではありません。この水槽は高さ60あります。10ミリのアクリルで作成したのでフランジが水没して良いなら水を張る事が出来ます。そのへんは一応計算してまして最終的にはこの水槽の上にある105-50-52からOFでこのウールBOXに落とすという計画も視野に入れています。まあ面倒なので今は水深46で充分です。実水深が46ですから実際のアクリル水槽であれば51センチのアクリル水槽のセンター補強に水が付くまで張ったのと同じ水深です。OKとします。

この環境でロン様がどう大きくなるか・・・・。がんばってみます。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ロン様 動画

Category: シングー  
P9131116_convert_20110913201119.jpg

小さいがゆえに超ビビリ~で可愛いロン様です。
ただいまメダカを主食にしてます。

メダカは非常にゆっくりと食べてくれるので有りがたいです。
バクバク食わせるのか? 適当な量を食わせるのかの問題はありますがロン様は少し量を減らして食べてもらってます。今の餌の量で頭がどういう風に大きくなるのかな~と思います。

あまりにもビビリ~なピラニア君の場合にこうなったらもう駄目だ~という状態がありますね。

(もう駄目だ状態)

1)年中ビビリまくって目が窪んできた
2)いつもナナメに泳いでいて近くに行くと暴れまくる
3)真っ黒になって放心状態

上記3つの状態になると危険信号点滅です。
特に一番危ないバイタルサインは⇒ 1番 の目が窪んできた~ です。
ビビリにビビッて目が窪みはじめたら1ヶ月以上は水槽真っ暗にして立ち直りを待ちましょう。
上手く行けば立ち直ると思います。駄目な場合は、スパーブラックウォーターとか塩とかとか
色々と試しましょう。でも駄目な場合は・・・・・奇跡を待ちましょう!!


ロン様は少し目が窪んで見えるので少し心配です。
大丈夫かな・・・・。

あまり良い動画では無いですが本日のロン様の動画です。
小さくて可愛いです。
飼育頑張ります!!




テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


メダカが濾過槽へ

Category: シングー  
P9101100.jpg

濾過槽を水槽に改造?して使用中の水槽ですが餌のメダカが濾過槽側に逃走します。。

2日前に100匹のメダカを入れましたが3匹が濾過槽へ逃走。

やはりこの辺まで考えないと上手く水槽として機能しないですね~。

P8301076_convert_20110831202620.jpg



皆さんから見て頭部の大きさは体長とバランス良く見えますか??

この頭部分と全体の体長とのバランスをかっこよく大きくしたいです。

頑張ります。


シングー 飼育スタート!

Category: シングー  


お魚GOGO☆はじめの一歩

はじめまして。

今日からピラニアの子供を大きく育てるブログスタートします。


上の画像はシングー川のロンベウスです。

購入は2011年6月7日です。購入当日の写真が上の画像です。

最初は45-30-30水槽に入れました。

名前は「ロン様」です。(笑)


お魚GOGO☆はじめの一歩

2週間は45センチ水槽に入れましたがその後に上の60-30-40の水槽へ移しました。

この写真は6月21日です。100円ライター位のサイズです。



お魚GOGO☆はじめの一歩

その後、7月29日に上画像の水槽に変更。

3つ見える内の一番下の水槽に入れました。

水槽サイズは140-50-60ですが左端は濾過槽なので魚が泳ぐ場所は120-50-46のサイズです。



お魚GOGO☆はじめの一歩

何日か前の画像が上。

100円ライターより少し大きくなりました。


この魚が大きくなるお魚日記を更新していきます。

頑張ります!!



プロフィール

セラチゲ

Author:セラチゲ
少し大きいかな~と思う水槽に小さなピラニアを飼育するのが大好きです。頑張って行きま~す!!

カウンター1
オンライン
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。