ピラニアのソナタ シングーロンベウス ロン様編

飼育日記

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: イリリ  
牙女ブログ、サーチャニウスさん。

きいろ君の育成責任者です。

今後はGYきいろ君の報告は現状なかなか更新出来ていませんが牙女ブログで行きます。
最近かなり忙しい様子で落ち着いたら更新するとの事です。

PA310001_convert_20111031182123.jpg

で、ロン様編の主人公シングーロンベウスのロン様。
いまだに気分が悪いらしく右奥に待機。

そこで間をつなぐ意味でナナイロンベウスのロン様兄やパンタナルGYきいろ君の助けを借りてここまで来ましたが一向にロン様が活動開始しそうも無いので・・・。

PA310017_convert_20111031193054.jpg

ドワァ~んと登場、イリリ川の姫ラリスです。(笑)

本来はイリリの報告は「ダイヤ巨大化計画」でする予定でしたが変更。
こちらでイリリ、姫ラリスの報告をしたいと思います。

PA310020_convert_20111031193419.jpg

我が家で一番贅沢な120-65-60に単独。
セルフィンが1匹同居してます。

1年半前に13センチで導入し今は多分17~18センチだと思います。

PA310019_convert_20111031193708.jpg

水換は毎日200Lを入れながら抜いてます。
最近PHは計ってません。

主食は「ベタ」「プラティ」「どじょう」の3種類です。

沢山食べないしなかなか大きくならない姫ラリスですがもうすぐ20センチに届きそうです。

PA310021_convert_20111031195001.jpg

上画像の角度から撮影した姿が好きです。
自分ではこの角度からの姿がどうもシングーのヒュメと違って見えます。
まあ気のせいかもしれません。

今の悩みは次の段階へ進むにあたっての「餌」をどうするかです。

今はいつも行く店で「ベタ」を供給いただいてますが(お金は払います)、いつまでも高級なベタを餌にする訳にもいかなくなってます。
BESTはピンクマウスSサイズを喰ってくれたら最高です。

ピンクマウスは1度チャレンジして完璧に無視されました。

死んだ魚に慣れてもらうのも良いのですが・・・。

という訳で今後はイリリはこちらで報告頑張ります。



 
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


流木

Category: シングー  
ロン様があまりにも動かないので流木を追加。
アクリル水槽のセンターフランジに結び付けました。

PA300003_convert_20111030181511.jpg

正面から見ると上画像のような感じにしました。

この流木は最初は画像の様な色ですが二ヶ月くらいで真っ黒というか水か染みて濃い茶色になります。
綺麗に色が変わるだけなら良いのですが1週間くらいで木の表面にヌルヌルしたものがかなり出ます。
このヌルヌルはかなり目立つので小赤かエビかセルフィンで対処しないと自然にはなくなりません。
今回はしばらくしたら小赤で対策しようと思います。もしくは中に居るセルフィンが綺麗にしてくれればそれでOKです。

PA300004_convert_20111030182044.jpg

アップにすると上画像のような感じです。

もう少し大きくても良いかもしれません。

PA300005_convert_20111030182224.jpg

この流木は店で見たより水槽に入れると大きく感じます。
流木は店で見た感じで買うと意外と大きくて水槽に入らない可能性もありますね。
今回はOKでした!

PA300010_convert_20111030182458.jpg

ただし上から見ると上画像のように水面から枝が一部飛び出しています。
水槽に蓋をしないのが好きなので私は問題ありませんが普通は蓋にぶつかるはずです。
まあ切れば済む事ですが・・・。

で、流木を入れた後のロン様は?

泳ぎ回ってます!と言いたいところですが・・・。
PA300009_convert_20111030182801.jpg
相変わらず奥の壁を見てます。(笑)

PA300006_convert_20111030183151.jpg

ロン様を上から見下ろすロン様兄、ナナイロンベウス。

堂々たるもんです。

PA300001_convert_20111030183358.jpg

90-60-60に33センチ強の体ですが文句1つ言わず忍耐してます。

PA300011_convert_20111030183637.jpg

PA300008_convert_20111030183830.jpg

上画像が今日のロン様。

流木でダメな場合は人工水草という手もあります。

以前イリリのヒュメに利用した時は大成功しました。
人工水草で水槽内を半分埋め尽くしました。

でも今回は流木で最後。
あとは自然にまかせてみるのもいいと思います。






テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


室温22度です。

Category: シングー  
窓を閉めてエアコン無しだと室温が22度前後になりました。
水槽はだいたい24度~26度くらいです。

この気温までならヒーターは全然必要ありません。
室温が20度になってくるとどうするかだと思います。

PA290001_convert_20111029195148.jpg

最近のきいろ君は餌は喰うし問題はまるでありませんが一時期より体長の伸びがわかりずらくなって来ました。4センチから10センチくらいまでは毎日見るたびに大きくなっている感じでしたが15センチを超えるとそういう訳にもいかないようです。

PA290002_convert_20111029195457.jpg

少し前まではビックキャットを一度噛んだり喉のところで砕いたりして食べてましたが最近はスルッと飲み込むようになりました。
写真での見た目はオデコの部分が少しざらついて見えます。実際もそんな感じです。

PA290008_convert_20111029195822.jpg

こちらは毎日ピンクマウスLサイズを爆食中のロン様兄。
この画像で見た通りのオデコの感じはまだコブがひどくなる感じではありません。

コブの下の筋肉組織が大きくなってきています。
この組織がエラ蓋の上を正面から見て左右に膨らますとエラの上の窪みが3Dになり無くなると思います。

このエラ蓋上から尾びれまでの筋肉よりオデコの上の筋肉が先行して大きくなるとその部分だけが太って付いたように見えます。
そこで餌をセーブするとエラ蓋上から尾びれまで続く筋肉が拡大STOPとなり増々コブが目立ちます。
それを防ぐにはエラ蓋上から尾びれまで続く筋肉を脂肪がなるべく無いかたちで成長継続できるように選んだ餌をあげる事だと思います。
私の場合はそれがBCAAでありピンクマススという事です。

PA290005_convert_20111029200800.jpg

上の画像でエラ蓋上から尾びれまで山状についている筋肉が見えると思います。
ここがエラを左右に膨らまして顔の幅が出る事でエラ上の窪みが無くなって見えます。

ロン様兄はまだ窪みが目立ちます。
もっと顔に幅が出る方向で成長しないとダメです。
ピンクマウスには期待しています。

PA290004_convert_20111029201348.jpg

今日も横から撮影。
メダカはあと3匹。(150匹入れました)
ブラックテトラはあと9匹(18匹入れたと思います)

餌は喰ってます。
もの凄い体の幅です。

PA290003_convert_20111029201617.jpg

今のサイズはロングのタバコより少し大きいです。
15センチくらいで遊泳開始を希望してますがどうでしょうか?

水流に続いて色々工夫してみます。


テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ストレス解消魚?

Category: シングー  
ピラニアの獰猛さ!
ガブッ!と餌を喰う迫力!


そんなワイルドなイメージで想像を膨らませると・・・・。

ロン様には怒られます。

で、ストレス解消に餌をメチャクチャ食べる魚を飼育すると人間の健康に良いです。(笑)

PA280017_convert_20111028200929.jpg

私的には完璧な肉食魚「エンゼルフィッシュ」です。
こいつはメダカ、ネオンテトラ、カージナル等の細長いのは全部喰います。
腹が破裂するんじゃないか?と思うほど喰います。
金魚と良い勝負です。

今はディスカスフード、キャット、カーニバルが主食ですが大きくなるのも早い!
20センチ位に成長した小赤に追いまくられてましたが最近は反撃して小赤を追い払います。
こいつが餌を喰うのを見るとピラニアのストレスから一瞬開放されます。
餌を喰わないピラニアのおともに45センチ水槽でのエンゼル飼育!
お勧めです!(笑)

PA280018_convert_20111028201612.jpg

今日も横からロン様を盗み撮り!
パパラッチしてます。ガガです。

PA280019_convert_20111028201807.jpg

なかなか上手に撮れません。(涙)
それじゃなくても写真が下手なのに・・・。

PA280020_convert_20111028202016.jpg

ダイヤモンドブラック??
いえ、シングーです。

ところでロン様は一体何歳でしょうか?

個人的意見ですがピラヤは20年は生きると思います。
大型になるロンベウスも同じくらいとするとロン様はあと18年は生きるでしょう。

私の年齢になると18年は危ないです。

健康チェック
・タバコは1日35~40本は吸います。
・胆石があります。
・アルコール飲みます。
・コーヒー大好き。
・辛いもの好き
・塩も好き

あと18年もの間、私が先に死亡する可能性が充分あります。
去年のクラス会でも旧友が1名死亡してますのでこれからは毎年1名ずつ旧友が減るはずです。
会社の同期も2名死亡して減少してます。

そう考えると好きな魚を好きに飼育したり放棄したりして何が悪いんじゃ~とか思います。(笑)

健康に注意して頑張ります。
でも一番健康に悪いのは赤坂で会計する時です。

セット3万、シーバス2万、おつまみ1万で合計6万・・・・・。
この会計をした後、アフターでさらに2万使った後のタクシーでの後悔が健康に一番悪いです。




テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ロン様出て来てください。(涙)

Category: シングー  
PA270016_convert_20111027193305.jpg

ガ~ン。(笑)

逆に飽きもせずよく同じ所に居るもんだと思います。
こう見えても私は悩んではいません。

で横から撮影に再挑戦!

PA270015_convert_20111027202741.jpg

いまいち良くわからない画像ですね~。

頭とボディのバランス飼育がどうなっているかが検証できません。

いましばらくお待ち下さい。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


少し出て来ました。。

Category: シングー  
ロン様の顔をしばらく見てません。

いつもロン様の居る右端奥にミクロソリウムを突っ込んでみたところ、

出て来たり強引にミクロソリウムに隠れたりと忙しいです。

PA260002_convert_20111026220044.jpg

部屋の電気は点灯して水槽の電気を消すと出てくるのでフラッシュで撮影。

汚い画像ですいません。

ゆっくりメダカを食べてもらっていますが水槽の中に常に食べられる生餌は泳いでいます。
この状態を今居る生餌が無くなるまで継続してみます。

その後、1週間絶食。
絶食後にクリルで給餌を開始してみます。

15センチまであと3~4センチ位です。



テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


餌の量と体長

Category: GY  
PA250001_convert_20111025163515.jpg

人工餌で実にGOODスタイルで育ってます、きいろ君。

今日も主役不在です。
しかしながら、ロン様はビビってはいてもお食事はされてます。
もうすぐメダカ150匹完食の雰囲気です。あと10匹しか残りが居ません。

スローな飼育の思惑通りの成長具合で今も12~13センチという雰囲気です。
メダカとクリルしか食べてないのと量が非常に少ないのでわずかな成長です。

上画像のきいろ君が今のサイズ(多分17センチ強)に4センチから成長するまでにいったいどれだけのキャットを食べたかというと1袋の半分位です。大きな袋の方なのでこれはかなりの量だと思います。
対してロン様はそんなに食べてないのですが食べて無い割には体長は伸びてます。大きくなる期間は長くかかりましたがロン様は総食事量に対する体長の伸びがきいろ君の半分位だと思います。

短期間で餌をバクバク喰うと大きくなるのは確かに早いですが長期間で少しずつ食べても大きくなる期間は長くかかりますが結局は大きくなります。しかも長期間で大きくした場合は餌が少なくても大丈夫です。

もし同じ20センチになった場合にその後の成長にどんな影響が出るのかは解りませんが今現在飼育中のピラニアが餌をあまり喰わないとしても期間が経過すれば大きくなるはずです。改めて考えるとたいした事では無いんですが毎日飼育上の世話が連続すると餌を沢山食べないと大きくならないと思い込む場合が多いので自分もロン様の成長を良く観察しながら今後に生かしたいと思います。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ナナイ 体型変化

Category: ナナイ  
PA240001_convert_20111024195341.jpg

過去にもピンクマウスを餌としてたまにピラニアにあげていた事はあります。

でも今回のロン様兄へあげるようなペースで毎日毎日ピンクマウスLサイズを利用した事はありません。

PA240002_convert_20111024200340.jpg

毎日観察している感想ですが、、

1)旨そうに喰うのでこちらも気分が良い
2)チョウより付いたら怖い頭のコブへの影響はまだわからない
3)皮膚の感じが調子良さそう
4)頭のコブの下の筋肉のラインが出てきた
5)魚が乱暴な感じになる

といったところです。

最終的にコブへ結びつく場合は中止しようと思います。

PA240003_convert_20111024200907.jpg

よくピンクマウスは「完全栄養」といわれるようです。
カロリーはかなり低いと思います。まあ低いというのは鮎とかアジとか鮭に比べてですが。
ピラニアにこの餌をあげて経過観察が出来るブログも珍しいので継続します。(笑)

PA240005_convert_20111024201312.jpg

順調なきいろ君にも面白半分でLサイズをあげると全部飲み込む時と半分にかじる時があります。
Lサイズでは少し大きいです。(笑)

あくまでもきいろ君はキャットで育ってもらいます。

PA240004_convert_20111024201612.jpg

手を突っ込んで撮影しましたがこれが限界です。
いつものように話題にも出て来ないロン様。

主人公が放置されてますがナルトでもサスケの話の時には主人公が放置されるので良しとします。(笑)

しかしジャンプの先週と今週は面白かったです。カブトが穢土転生でマダラを呼ぶとは・・。
トビは誰なんだ???

すいません関係なくて。本日これにて。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


動かないな~2

Category: シングー  
PA230011_convert_20111023182404.jpg

上にきいろ君。右には金魚。

下がロン様水槽ですがロン様は右端。

右側にはロン様兄のナナイ・ロンベウス水槽があり、その水槽には濾過機やらなにやらでスペースが無く手を入れて写真も撮れません。

正面から撮影するしかないんですが肝心のロン様は右端にいて撮影できず。

残念。

全水槽で最近は特に変わった事はないんですがミネラルを各水槽に入れているのでカルシウムの白いザラザラが水槽の上部のフランジ部分に付着が目立つようになりました。軟水を入れてる時はなかったので明らかにミネラル添加によるカルシウム分だと思います。

ミネラルを添加して最近思うのは「水槽飼育」と考えるとミネラルは有りな気がします。
水槽のような閉鎖的な環境では新水垂れ流しであってもろ材が無ければ導電率を低く維持出来ないと思うのでろ材を機能させるにはミネラルは有りなのではという気がしてます。

例えばPH6.5にしてフミン、タンニンが豊富な軟水で飼育したとした場合、どんなろ材であればその中で機能するのか? 酸度が高く殺菌力のある成分が溶け込んだ水で機能するバクテリアとは? そのバクテリアは常在してるんでしょうか?

昔はピートやらなにやらで色々しましたが最近は年齢のせいかめんどくさくて出来なくなりました。

と、色々ありますがロン様の画像が無いので本日もこのへんで終了です。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


動かないな~

Category: シングー  
ロン様は動かない。

本当に電気を付けると全然動かないです。

PA220004_convert_20111022225702.jpg

で色々考えて餌以外の魚を入れました。
上画像はブラック・テトラです。18匹入れました。

まあ喰うかもしれないし先の事は不明ですが何かの刺激と思って入れました。

PA220008_convert_20111022230939.jpg

もともとセルフィンは上画像の12センチ前後のは入れてます。

プレコは入れても動く動かないとはあまり関係ない感じです。

最近しばらくロン様が動かないので本日はこれにて。



テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


そうそう喰い続けないか・・・

Category: ナナイ  
PA210002_convert_20111021193815.jpg

毎日連続でピンクマウスを喰い続けていたロン様兄。

昨日は水道の水が冷たく、水換で水温が23度まで下がったりで気分を害したのか喰いませんでした。

そうそう都合よく食ってくれないです。

餌を食わせたり、気分良く泳いでもらう為に気難しいピラニアに対して色々な事をやってみました。

例えば
1)週1回の水換の基本線での飼育
2)水槽上部を黒くカバーして水面系が嫌いなピラニアのストレス解消
3)水槽全面を黒いカバーで覆う
4)塩を使って浸透圧の調整に手抜きをさせる
5)振動を極力無くすように工夫
6)水流調整
7)ピートを使用した水作り
8)軟水化するなんたらという葉を利用
9)水槽の前に何時間も立ち続ける
10)逆に水槽の前には行かない
11)真っ暗な時間を12時間以上とる
12)照明の通常日照との同期タイマー化
13)ゼオライトで軟水化
14)麦飯石でミネラル調整
15)粉末ミネラルの投入
16)ビタミンの投入

は~、、、、疲れました。

PA210001_convert_20111021194750.jpg

23年もピラニアばかり飼育してると本当に色々自分でもやったな~と思います。

で、今は順番に色々いまだにやってます。

答えが無いんですよね~。(笑)

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ヒレ欠けなしです。

Category: GY  
PA200009_convert_20111020205034.jpg

きいろ君。

顔がごつごついかつい感じです。

主食キャットでここまで大きくなったのでこのまま主食に変更なしで最後まで。
それでどうなるかはお楽しみです。

スゲー個体になるかやはり色々な餌をあげるべきだったか・・・とか。

この水槽サイズ(105-50-52)に1匹で私としては丁度良い魚サイズに見えます。
もう少し魚が大きくなると水槽が少し狭いかもせれません。25センチで成長STOPで行きたいです。

PA200008_convert_20111020205624.jpg

まっかちんでたまに同じ位のサイズのジャイアント・イエローを見るときいろ君と仲良くやるんじゃないかな~とか思います。
で、入れると大喧嘩だったりなんやかんやで大変になる事が多いです。

ただいまのきいろ君はヒレに欠損なし!
単独なのであたりまえですが混泳飼育の方から見ると非常にうらやましい事ではないでしょうか?
混泳の場合はなかなか完璧という訳にはいかない事が多いと思います。

ただし、単独は単独でまた寂しさ?もあるわけで飼育を比較すると無いものねだり系になりますね。

PA200010_convert_20111020210214.jpg

最近主役のロン様は? というとこのありさま・・・。

もうどうしようもありません。(笑)

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


太らせようかな~2

Category: ナナイ  
PA190002_convert_20111019151748.jpg

きのうの画像があまりにもひどかったロン様兄。

今日もピンクマウスLサイズをまずは1匹。

あとでまた1匹食べる予定。

ロンベウスのコブにもラインがあって背びれの下まで続いています。
同じような筋肉?のラインがコブの下から尾びれまで続いていています。この2つのラインが一体になって来るんだと思うんですがもし一体になった時にどういう体型に見えるのか? と思います。

ピンクマウスをスタートしてそんなに日数は経過していませんがなんとなくですがコブの下のラインが膨らんで来ているようです。今後の経過が楽しみでもあるし結局体型が崩れて失敗してガックリになるか・・・。
どちらにしてもピンクマウスを継続してみます。目安は今回購入した60匹前後が食べ終わるまでにしてみます。

PA190001_convert_20111019152502.jpg

我が家に来てもうすぐ1年になるロン様兄。
日本に来たあとに一回他の飼育者が飼育してその後に我が家に来ました。

信頼できる飼育環境から我が家に来たので安心してスタート出来ました。
その辺は非常に大事で気になるところです。

例えばこのロンベウスサイズを飼育しきれなくなって引き取りにした場合を考えた時に次の水槽サイズは? とかどういう飼育環境になるのか? とかとか考えます。
もし次の飼育環境が今より悪そうだな~とか思ってしまうと凄く極端な発想で行くと引き取りさせるより安楽死させたほうが出される魚は幸せなのかもしれません。

最高のケースは次の飼育者を知っていてその人がどんな環境で飼育するのかも解っていて安心して出す場合だと思います。これは心がやすまります。ただそんなケースはほとんど無いと思いますが・・・。

PA190003_convert_20111019153709.jpg

グッピーのコンテスト系に参加する方は色柄が落ちるグッピーを処分すると思うんですが小さなグッピーと大きなロンベウスは同様に比較して良いのか悪いのか。
魚が食卓に出るのは良くて飼育してる魚を殺すのは悪なのかとか?

飼育を始めたら最後までとは言いますが人間の考えとは矛盾が整理しきれないですね。


テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


太らせようかな~

Category: ナナイ  
PA180012_convert_20111018201540.jpg

凄まじいピンボケですいません。

ロン様兄の水槽は25度少しです。

餌をピンクマウスに変えてから本当に良く食べます。

ここまで食べるとピンクマウスを食べ続けた時にどういう体型になるか知りたくなりました。

でロン様兄には沢山ピンクマウスを食べてもらい太っても良いので体型確認をしようと思います。

鋭い体型になるかボチャッとするかまたはコブコブ個体になるか?

どうなるでしょうか?

PA180013_convert_20111018202055.jpg

早速ピンクマウスのLサイズを60匹準備したので作戦開始します。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


パワーハウス

Category: ろ材  
PA170010_convert_20111017180530.jpg

パンタナル きいろ君。
17センチあるかな~。測定する気もありません。(笑)

以前報告しましたきいろ君水槽のろ材のゼオライト。
ロン様兄の水槽に移動しました。

で使用したろ材はパワーハウス・ベーシックMサイズ。
5L使用しました。

PA170009_convert_20111017181058.jpg

これできいろ君水槽は20Lほどのろ材を使用してほとんどパワーハウスのソフトになりました。
PHは最近測定してませんがソイル程大きくPHを下げる機能はろ材に無いのでPHはどうでも良いです。
なんとなくパワーハウスを使用しました。

水が200L強なのでろ材は20Lちょいで限界かと思います。

PA170008_convert_20111017181532.jpg

こちらは濾過槽で機能中の石巻貝。
濾過槽の苔を少しずつ食ってくれてます。ありがたい。

きいろ君は25センチで成魚の完成形のスタイルを目指しています。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ピンク

Category:  
PA150002_convert_20111016190159.jpg

1000Lの水中ポンプを他の水槽からロン様水槽へ移しました。

でロン様は・・・・ 全く変化なしで右隅に。
しばらくダメかもしれません。
この場所にしかいないので写真が撮れなくて困ります。

PA160007_convert_20111016190458.jpg

ロン様兄、ナナイロンベウスですがピンクマウスが大好きらしいです。
いくらでも喰います。

Lサイズのピンクマウスを1回に最高3つ入れましたがまだ欲しがります。
1個80円前後なので3個で240円。恐らく6個くらい喰うと思います。
6個で480円。タバコ以上の価格です。

んん~。悩みます。

で、1回の給餌で2個。それを1日2回で行こうと思います。
マウスの注文を100個位すると単価70円まで落ちそうなので1日4個で280円。

体型がどうなるんでしょうか??


テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


塩素

Category:  
PA150006_convert_20111015194408.jpg

今日も水換のロン様水槽。
水道の水が22度で出てきます。

なんとなく気が向いたので今日は350L以上の水を入れました。
そこまで一気に水をいれると塩素を除去するフィルターが本当に全水の塩素を取りきれているのか心配になります。アクアセーフのような塩素中和系で水換するケースは換える水量にもよる感じで350Lも入れた場合はどんどん中和剤が無くなり経済的では無いですね。今は塩素除去にカーボンのフィルターを3つ使用しているので検出される塩素は無いですが多く水を入れる場合に心配になります。

PA150001_convert_20111015195123.jpg

電気を消すと活動開始で動き回りますが点灯中は右隅にいます。
少し落ちついた様子で糞を取る為にパイプを水槽に入れても暴れなくなりました。
徐々に慣れては来ています。

PA150004_convert_20111015195357.jpg

小赤とコメットを眺めるきいろ君。

PA150005_convert_20111015195552.jpg

絶対そう。
きいろ君は彼らを食べたいんだと思います。(笑)

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


陥りやすいミス?

Category: ミネラル  
今は自分の中ではミネラル・ブーム?で各水槽にミネラルを添加しています。

結果、見た目が非常にクリアーで良い感じです。
ミネラルは硬度を確実に上げるので軟水という部分からは離れますが水槽内のバクテリア等にどうやら必要なようで添加した方が見た目は非常に水がクリアーです。

全部の水槽に添加していて1箇所どうもおかしい水槽がきいろ君水槽。
この水槽にはミネラルの効果が薄く水のクリアー度合が少し落ちます。

なぜ????

理由が判明!

PA140002_convert_20111014193834.jpg

原因はどうやら上画像の濾過槽の中。
茶色い袋に入ったろ材。

ゼオライトです。

ゼオライトはカルシウムやマグネシウム等の硬度物を吸着してしまいます。
つまりミネラルを添加してもゼオライトが吸着してしまい効果半減だった訳です。

がく~。
気が付きませんでした。

ピートで水の色を付けた水槽に活性炭をいれたようなもんでしょうか。
殺菌灯をレイシーの大型にした日に液状のバクテリアを添加したとか。
パワーハウスのソフトを使用中の水槽に珊瑚系を入れるとか。

陥りやすいです。(涙)

PA140003_convert_20111014194522.jpg

本日のおまけ画像のロン様兄。

背中のカクカクしたラインが判るでしょうか??
飼育ロンベウスでこのラインを維持するのがどれほど難しいか・・・。

大型ロンベウスと小型の違いはこの背中の線の維持が死ぬほど難しい事も1つです。
ここが丸くなってしまうのが普通ですよね。
このラインを維持したまま大きくさせられたらその飼育者は「神」の領域に突入です。(笑)

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


お食事

Category:  
ロン様にはスローに成長してもらい頭が大きい魚になって欲しいです。

スロー飼育という事はロン様にはお食事を控え目にお召し上がりいただく。
ただし、栄養はある。

そこで考えたのがこの餌。

PA121064_convert_20111012192621.jpg

上画像の左からSサイズ、Mサイズ、Lサイズです。
物はピンクマウスです。要はハツカネズミです。
少ない食事からあらゆる栄養を網羅させるには良いかな~と思い購入。

ちなみに左から580円、600円、820円で各10匹入りです。
Lサイズをアップするとこんな感じです。

PA121065_convert_20111012193118.jpg

3種類のサイズを購入した理由は実際見てみないとどんなサイズ感なのか解らなかった為です。

実際見た感じですぐ判ったのはSサイズの一番小さいやつでもロン様には少し大きいです。
Sサイズ位がちょうど良いのは多分15センチ強のピゴだと思います。セラ系は18センチくらいでSサイズという感じじゃないかと思います。

で試しにきいろ君に自然解凍してあげたら喰いました。

PA121071_convert_20111012193601.jpg

きいろ君はSサイズだと噛まずに飲み込みました。
水が全然汚れない! もしかしたら優秀な餌では。。。

さすがにきいろ君もMサイズはまだ早いのでMサイズは他の魚にあげます。
で問題は大きなLサイズ。Lサイズを喰うのはロン様兄しかいません。

で入れてみたら・・・。
喰いました。しかも好きみたいです。

PA121072_convert_20111012194012.jpg

マウスを食べた後の満足そうな雰囲気から相当おいしかったんだと思います。
Lサイズは1匹で82円の計算なので30日で2400円。30センチのロンベウスが1日ピンクマウス1匹で充分かどうかは別にしてしばらくピンクマウスでも良いかなと思いました。ちなみにきいろ君は何でも食べるのでたまにおやつであげようと思います。

本来はロン様用に買いましたがまだ難しいです。
でも一応、今のメダカが完食したらあげてみます。








テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


水槽内のゴミ

Category: ゴミ  
PA111063_convert_20111011210044.jpg

ロン様と全然関係ない水槽に居るロイヤルプレコ君。

ベアタンク風の景観に居ますが向こう側半分にはガーネットがひいてあります。
半分だけベアタンクにしたんですがプレコはご機嫌!
ベアタンクが好きなようです。というか底砂の汚れが嫌いだっただけかもしれません。

ベアタンクにすると細かい喰いカスとかゴミが底に残るのが解ります。
今はそのカスを1日1回吸い出してますが底に砂があった時は砂にまぎれてカスがわからずそのまま。
結局は水槽の中にガスが残されて水を汚していた訳です。
ただ底面がそのままのベアタンクはどうも違和感があります。やはり底面は黒が良いですね。

PA111062_convert_20111011210839.jpg

上画像の水位になるまで水を入れながら抜きました。
ロン様水槽はこれが水換量が多いときの抜きを止める水位です。少なく抜く時はもう少し水位が上です。
上画像の水位だと大体100Lの水を入れ替えた感じです。

PA111061_convert_20111011211157.jpg

毎日毎日この場所ばかりで飽きてきました・・・。

水流を強くするとか流木を工夫するとかをしてみようと思います。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


逆流防止弁(エア)

Category: エア  
強いエアポンプは重くてとてもじゃないですが水槽の上には置けません。
色々なエアポンプを使いましたがエアポンプはヤスナガのYPシリーズが好きです。

ヤスナガのYPは出力が3種類ありまして6,15,20Lの3種類です。
現在ロン様水槽には15Lを1台使用しています。他の水槽も全部ヤスナガのYPで全部で6~7台使用中です。これだけエアポンプを使用すると騒々しいと思うところですがヤスナガのYPは本当に静かです。商品紹介は下記のリンクにて。

YP20A

このポンプは非常に重いです。とてもじゃないですが水槽の上には置けません。
そこで下に置く訳ですが下に置いた場合は停電等で電源が切れた場合に水が逆流する心配があります。そこでエアのラインの途中に逆流防止弁をかますわけです。
逆流防止弁はどのメーカーもだいたい同じ形ですがアマノだけは少し形式が違います。アマノはガラス製で物も良いんですが防止弁を垂直に立てて使用する必要があるので普通はCO2のライン以外では使わないと思います。
そこで色々今まで防止弁をしようしましたが防止弁ごとにエアの噴出量が若干変わります。逆流を防止する機能は別にしてエアの出力を一番落とさなかったのは「テトラ」の防止弁でした。今回、一箇所をテトラに換えたところエアの出力が倍くらいになり驚きました。

PA101055_convert_20111010165846.jpg

テトラ 逆流防止弁

値段は高い安いはありますがとにかくこの逆止弁はエアが強く出ます。
逆に今まで他社の逆止弁をしようしていて丁度良かった場合は強くなりすぎるかもしれません。

PA101056_convert_20111010170407.jpg

上画像はいつも使用しているウールです。
このウールは非常に薄いんですが張りがあって密度もしっかりしています。非常に良いウールだと思います。
これを今日は全水槽交換しました。立ち上げが古い水槽ほどウールが黒くなります。

PA101059_convert_20111010174312.jpg

ただいま室温は1日窓を開けたままにして今日は24,5度でした。
ヨン様兄のナナイロンベウス水槽の水温は水換前で25,3度でしたが水道水の水温のまま半分入れ替えたら水温が23,5度になりました。もう少し水道水の水温が下がると湯沸かし器で暖めた水を入れないとダメだと思います。22度で全水槽を管理するのでどの程度の調整をすれば22度の水が出るのかわかりません。これは慣れるしか無いですね。

PA101058_convert_20111010174814.jpg

本日のヨン様はまたこの位置。
今日は水を40L入れ替えました。
水は毎日換えてますがヨン様水槽が一番水換の量が少ないです。



テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


水槽サイズ

Category: シングー  
PA081053_convert_20111009225301.jpg

全然関係ない画像ですが何も画像が無いのもあれなのでこの画像にて。

シングーロンベウスのロン様水槽は今朝見るとメダカが150匹からかなり減っていました。
急に爆食開始?と思いましたが濾過槽を良く見るとメダカが50匹くらい濾過槽へ逃走。

このロン様水槽はメダカも金魚もドジョウも濾過槽へ逃走するという最悪にデメリットが・・・。
上手く設計したつもりでも「穴」がありました。。。

60-30-40のレギュラー水槽で後ろ向きになりグレ始めたロン様ですが現在の140-50-60に移動してからは一時持ち直しました。現在は後ろ向き程ではありませんが水槽の右隅にてホバリング。電気をつけるとこの右隅からまるで動きません。ビビリで困ったもんです。

解決策も色々あると思いますがこのまましばらく様子を見て放置する予定です。

水槽が小さいと小さいなりにビビる事も有り、大きいと大きいなりにビビる事もありと本当に手がかかりますがそんな難しい魚を大きくしたり順調に育てたりするところに楽しさが有る訳で。魚がヒネて育つほどグチャグチャにしなければOKと考えて頑張ります。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


Category:  
PA081046_convert_20111008163327.jpg

今日は土日恒例のスポーツジムの帰りにまっかちんへ。
東中野にジムがあるのでまっかちんまで5分です。
自宅からまっかちんへは車が混んでいなければ10分です。

今日の目的はイリリ川のヒュメの餌である「ベタ」購入が目的だったんですがロン様の餌になるメダカを衝動買い。150匹購入してしまいました。
きのうは、最近ロン様がクリルを喰わなくなったのでビビッて喰わないのかクリルが悪くなって喰わないのか解らなかった為、半年経過した古いクリルを捨てて新しいクリルを開けたところでした。結局は新しいクリルも喰いませんでした。もう完全にビビリーです。
そういうロン様の状態ももちろん頭にあったんですがまっかちん到着後に新入荷のロンベウスを見てしまい動揺して頭が白くなり、ついメダカ150匹と言ってしまいました。

その新入荷のロンベウスはシングー。28センチ。
凄く状態の良い個体でした。シングーらしい色で傷も無く完璧。ロン様も28センチでああなるんでしょうか?んん~、、、ワイルド個体恐るべし。

PA081048_convert_20111008164448.jpg

メダカ150匹とベタを4匹。
3連休なので他にも何か無いかなと物色してたんですが苔取り用にと思い石巻貝を5匹買いました。
上画像の木の手前にチョコッといる奴です。

ロン様水槽に1匹。
ここは苔が全然出てませんので今は必要無いんですが余りを1匹。

ナナイロンベウス水槽に1匹。
ここは最近少し苔が出ます。スジの入った貝(確かスジ何とか貝)を1匹入れてたんですが苔をあまり喰わない上に水槽から外に逃走してうざいので今回購入の石巻貝を1匹追加しました。

きいろ君水槽に3匹。
ここは水槽内の苔に関してはセルフィンが喰ってくれているので問題ないんですが実は濾過槽に問題が。きいろ君水槽の上部濾過機はまっかちんでオーダーして透明アクリルで作成したんですが透明アクリルの濾過槽は濾過槽内に苔が出ます。当たり前なんですが光が当たれば出ますよね。その濾過槽内の苔が非常に見苦しいので濾過槽内に3匹入れました。

そんな振分けで5匹を使いました。石巻貝は私の感想としては元気なら苔を食いますが元気が無いと死んだり動かなかったりと最高!とまではいきません。ひっくり返ると起きれなくて死亡するしと面倒もあります。そこで他の水槽には石巻貝では無くカバクチカノコ貝を入れてます。この貝はだいたい石巻の2倍の大きさでとにかく苔を良く喰います。死亡もなかなかしない丈夫な貝です。カバクチは良いと思います。

PA081049_convert_20111008165918.jpg

上画像はロン様水槽に入れている水草です。流木に付いて800円で買いました。同じものを金魚水槽にも入れましたが金魚水槽のこの水草ナナは全部食われてしまいました。金魚はナナを喰うんですね。恐ろしい。このロン様水槽に入れたナナは偶然だと思いますが非常に良い状態のナナだったようで今は購入時の倍以上の葉を付けた上にコケがまるでつきません。すばらしいナナだと思います。過去はナナにひげ状の苔が付いて見苦しくなる物ばかりでしたが今回はラッキーでした。

PA081050_convert_20111008170416.jpg

いつもの場所でビビるロン様。
もう少し大きくなれば収まるはずです。

今日、まっかちんで見たシングーは飼育個体ではああはならないだろうな~という体型でした。それならそれでロン様はワイルド物じゃこうはならない! という個体にするだけです。アマゾン川ごときに負けるわけにはいきません。(笑)

PA081047_convert_20111008170808.jpg

この右隅の場所の画像が出るという事はビビってる状態と思っていただいて良いと思います。画像として違う角度からの画像が出てきた場合は収まったという事です。(笑)

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ジャイアント・イエローとかアマレロとか

Category: GY  
PA071045_convert_20111007213940.jpg

一応これで怒ってます。
パンタナルのGY、きいろ君。

ピゴは餌を気兼ねなく喰うので飼育が楽です。
気兼ね無くというのはロンベウス等のセラ系に比較しての話です。

固体の性格にもよると思いますが私の個人的判断ではGYは気が強い奴が多いです。
セラ系に堂々と喧嘩を挑み負けません。強いです。

同一サイズを同じ水槽に入れた場合にGYとセラ系なら良い勝負だと思いますがシングーのロンベウスとだけは一緒に入れるのは躊躇します。シングーは相手の弱点を正確に攻めて来るのでGYでも肛門部分を噛まれて立ち直れなくなる可能性が高いと思います。まあ勝負させてみないとわかりませんが勝負はさせません。(笑)

このきいろ君水槽は硬度がかなり高い飼育をしています。ほぼ毎日ミネラルを入れています。ミネラルと頭の大きさとの関係を掴みたいのでそうしています。どうでしょうか?


テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


シングーの水

Category:  
PA061054_convert_20111006170706.jpg

ロン様の弟 きいろ君。
水換の直後の画像です。

小さくキャット色の糞が見えると思います。
キャットを食わせると糞を大量にする時と少しの時があります。
食べた量と糞の量は正比例しません。

糞ばかり大量ににして大きくならない個体は食べた栄養を糞として次々と排出して身になっていないような気がします。原因は水である事がほとんだと思います。

きいろ君の居たパンタナルやロン様の居たシングーの水質をしっかり資料として見る事ができる場所がありません。弱酸性とはよく良いますが本当に弱酸性なんでしょうか?そもそもどんな機器を使用してPHを測定したんでしょうか?そのPH測定機器はアマゾンの森林の奥地へ持ち込まれちゃんと機能したんでしょうか?校正されていたんでしょうか?校正はどこの水でおこなったんでしょう?
山地からアマゾンへ流れ込む水はミネラルウォーターであるはずです。その水が森林を水没させて木や葉の影響でブラックに色付くんだと思いますが木や葉から酸性の物質が溶け込んだりで測定するとPHが低いという理屈だと思います。ミネラルウォーターをタンニンやフミンで強引に酸性化させた水が現地の水という事でしょうか?素人には本当に難しい話です。

そういう水にすれば大きくなるのかどうか?
そういう水で飼育しきれるのかどうか?
そういう水が水槽での飼育に適しているのかどうか?

難しい問題だと思います。

PA061057_convert_20111006174544.jpg

ロン様の水換に使用している水道水はPH7.8で出てきます。
地域により水道から出てくる水のPHにはかなり違いがあると思います。
理想的な水道水のPHは「7」だと思います。水道から丁度中性の水が出て来れば自然とろ過層が酸性に持っていってくれます。後は水道水から魚がPHショックを受けない程度まで下がったら水換するだけです。PH6.5~PH6.3くらいを目安に水換すれば万事OKです。
ロン様の環境だと水道水のPHが高いので弱酸性で水槽維持をする為には水換する水道水を事前に汲み置きしてPHを下げておく必要があります。現在、ロン様水槽は毎日100L水換えしていますので汲み置き水槽が90-45-45であれば事前に汲み置きのリズムに乗れると思います。
が、他にもピラニア飼育水槽が4本あり合計の水量は1トン以上あります。そこの水も毎日水換えしているので汲み置き水槽が500Lの大きさになります。そんなアホなサイズの汲み置き水槽を準備するお魚飼育が合理的とは到底思えません。(笑)

で、諦めて高PH飼育になる訳ですね~。仕方ないです。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


水温

Category: 水温  
PA051051_convert_20111005164056.jpg

本日からロン様水槽に水温計をつけました。
他の水槽はGEXのデジタルにしていますがまっかちんにGEXのデジタルが無かったのでオーソドックスなやつにしました。店で一番大きいサイズを買いました。

今日の東京は非常に気温が下がり20度を切りました。
で、室温は24度少しになってます。
思ったより室温が下がらないです。

ロン様水槽は水中ポンプ2台と殺菌灯の影響で室温プラス1度となってます。
ロン様サイズのロンベウスの飼育温度は高めの27~29度と基本線では考えるところですが何事も「基本線は疑わしい」と思う性格なので低めの22度飼育で行こうと思います。

私がもしシングーに旅行するなら水温計は必ず持参します。これだけ熱帯魚が日本国内で飼育されているにも関わらず実際のシングー川の水温のデータが不明なのは非常におかしいと思います。水深30センチごとの水温を水深20メートルまで24時間のグラフにしたものが欲しいです。個人的意見ですがシングー川の水温は意外と低いはずです。

PA051052_convert_20111005165122.jpg

朝も昼も夜も水温が一定になった方が良いのか外気の変化に合わせて水温も変化した方が良いのかどちらでしょうか?水温も変化があった方が良いような気がします。

実際にロン様が22度の飼育でどんな具合になるかこれから判明します。やばいと思ったらヒーターを設置しようと思います。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


ナナイ

Category: ナナイ  
PA041060_convert_20111004202452.jpg

ドワァ~ン!! と登場。
ロン様の兄、ナナイブラックピラニア(ロンベウス)33センチちょいです。

タバコサイズの小型ロンベウスと30センチ以上のロンベウス。
今更聞けない大型との違いとは。(笑)
*ここからは私の経験を独断で述べています。

(泳ぐのか??)

経験上、水槽面に沿って右回りだったり左回りだったりしますが24時間中10時間くらいは泳いでいます。今居るナナイ30センチのロンベウスの場合は現在の水槽サイズが90-60-60ですが泳ぎます。ただし非常にゆっくりしたスピードです。水槽が90-45-45の場合、横幅は同じ90ですが問題は奥行きだと思います。30センチの魚が泳ぎながらターンをするのに45センチの奥行きだとぎりぎりだと思います。私の予想ですが奥行き45の場合はあまり泳がなくなるような気がします。よって結論は水槽が小さいと泳がないが大きければ泳ぐという事だと思います。

(水面にジャンプしないか??)

驚かせたりしても水面からジャンプまではしません。ただ暴れて水面近くでバシャバシャするとフランジの無い水槽の場合は水浸しになります。ガラスの蓋を破壊するほどの衝突も私の経験では1度もありません。このナナイロンベウス水槽は水槽に蓋をしていません。全然OKです。

(餌は何を喰う??)

20センチサイズのロンベウスと同じものも喰います。中型ドジョウ、キビナゴ、ワカサギなどなど。過去飼育していた40センチロンベウスは小赤の小さいサイズ、ネオンテトラ、アピスト、コンゴテトラ、スマトラ、プレコなどなどの小型魚まで食いました。どうやって狭い水槽で捕獲したのかわかりませんが頭が良いので捕獲方法を自分で考えているようです。30センチのトカンチンスロンベウスは電気を消すと水槽の角に集まる小魚を水槽の角に行って待ち構えて喰ってました。この喰い方の学習期間は1ヶ月でした。
また大型の餌も喰います。15センチのアジなら噛まずに丸飲みします。20センチ前後の鮎は半分噛むかそのままするっと飲み込みます。餌で苦労する事はあまり無いので心配無用です。

(水が汚れる??)

汚れます。同じサイズのピラヤより少しましです。
水が汚れる心配をするという事は水槽サイズとの兼ね合いを考えているんだと思います。魚の4倍の横幅と2倍の奥行きで高さ60が基本線で考えてみると良いはずです。魚の体重はロンベウス30センチで1キロでだいたい合っています。魚の体重の30倍のろ材を使用して違和感の無い水量が落ち着いてロンベウスを飼育できるラインだと思います。30センチで300Lが飼育ギリギリと読んでます。

(大きいのを買って何年生きる??)

胸ビレが尾ビレのように太く厚くゴッツイ個体は相当年配な魚と予想しますがそれでも5年以上は行けると思います。若々しい40センチのロンベウスは20年行けると読んでます。45歳以上で退職勧奨を受けてから飼育する場合は人間のほうが先に逝ってしまう恐れもあると思います。(笑)
ある日突然、コロッと逝く可能性もありますが運次第だと思います。大型魚がコロッと逝くと飼育者には相当こたえるようです。実家の大きなピラヤが死亡した時は私を巻き込んで大騒ぎでした。

(どうしようと悩んでいる・・・)

水槽が小さいのに大きいのを入れたいと悩んでいる場合。
私の場合は120-65-60のサイズの水槽に悩んだあげく40センチのロンベウスを入れました。結果、飼育しきれませんでした。とにかく水がクリアーになりません。欲しい気持ちは非常に良くわかります。無理すればなんとかなるので。でも最終的には飼育しきれなくなると思います。よく90-45-45で終生飼育可能と本には書いてありますがかなり難しいと思います。
でも1度は買うべきです。(笑)

PA041052_convert_20111004210934.jpg

最近の気温低下で本日のナナイロンベウス水槽は24度。1週間前までは26度でした。この水槽は22度で水温管理しようと思います。ただ急に水温が低下したので魚に元気が無いです。

PA041053_convert_20111004211409.jpg
PA041057_convert_20111004211823.jpg
PA041058_convert_20111004211948.jpg
PA041059_convert_20111004212109.jpg

ロン様が30センチになるのはいつの事やらです。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


知っててするか、

Category: シングー  
PA031046_convert_20111003194350.jpg

ロン様は小赤50匹をやっと完食しました。
本当に小赤の食べ方が汚くて困ります。まだ小さいので丸飲みしないです。もう小赤は入れません。。

PA031047_convert_20111003194659.jpg

このロン様、バイオレット・ブラックピラニアとかシングーブラックピラニアとか色々呼ばれますが私の経験ではこのロン様と同じ感じのシングー川産地のロンベウスを1度20センチまで大きくした事があります。15センチ弱から20センチまで半年位だったと思います。

例えば、ライターサイズ10センチを20センチにする場合、10センチから15センチまでの間の経験が私にはありません。この場合、この間5センチを「知っててするか?」と聞かれると「知らないです」と答えるしか有りません。たった5センチですがこの間の飼育経験が有ると無いとでは大違いで経験が無い場合はやはり試行錯誤という事になります。ちなみにネグロを10センチから15センチにした事は有りますがネグロとシングーは今回比較して見ると全然違います。ネグロは10センチの頃から堂々としてる感じで小赤も丸飲みでした。大きくなるペースもネグロの方が早い気がします。

PA031048_convert_20111003201304.jpg

「知っててするか、」を大きな意味でとらえると45センチのロンベウス飼育を知ってて10センチから育てるのと大きなロンベウスを飼育した事が無くて育てるのではこれまた大きな違いです。私の場合はロンベウス飼育は40センチまでしか知りません。40センチ以上のロンベウスを飼育するとどんな問題が出るのか?とか精神的にどんな精神状態に飼育者がなるのか?とかがわかりません。その差は大きいと思います。

恐らく大多数のロンベウス系飼育をしている方は大型ロンベウスの飼育暦が無いケースの方が多いと思います。飼育中ロンベウスはロン様位から25センチが中心サイズのはずです。恐らく大型になった時にどんな事が小型ロンベウスと違うのかを知りたいのでは?と思います。そこで超大型では無いですがロン様のお兄さんでナナイロンベウス33センチが当方に居ますので今後はナナイロンベウスの報告もたまに付け加えようと思います。

テーマ : 熱帯魚    ジャンル : ペット


プロフィール

セラチゲ

Author:セラチゲ
少し大きいかな~と思う水槽に小さなピラニアを飼育するのが大好きです。頑張って行きま~す!!

カウンター1
オンライン
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。